「何か、悩ましすぎるのは僕だけでしょうか?」

2014-07-27 06:29:23

カテゴリー:Graffirength

「悩ましすぎる!!」

 

ジャパニーズ社会。

 

 

どうも!

 

Seanです。

 

今回も応援よろしくお願いします。

 

 

日本社会で暮らしている人は、

 

悩ましそうに暮らしている人がとても多いです。

 

特に優等生的な生き方をしてきた人や、

 

周りの人の感情に配慮する優しい人ほど、

 

悩ましそうに暮らしています。

なぜ、悩ましい人が多いのかと言うと、

 

日本社会で生きる限り、

 

何かにつけ答えが存在しないからです。

例えば、

 

会社で上司が「Aをやれ」と言う場合、

 

欧米式の契約社会においては

 

Aをやれば問題ないわけです。

しかし、日本においてAをやった場合、

 

 

それが正解とは限らず「気を利かせてもっとやるべきだ」とか

 

「立場上Aと言ったけど、本当はBを求めていたんだよ」

 

なんて言われることがあるわけです。

そして何を求めているかは、

 

上司の気分によって

 

コロコロ変わったりするのですが、

 

その都度それが何か察することが出来ないと

 

「空気が読めない」と言われてしまうわけです。

「本当たまらんわー」

また、上司との関係に限らず、

 

 

顧客や恋人や家族との関係においても同じ問題が発生します。

相手の気分によって正解が変わり、

 

それに合わせることが出来ないと、

 

合わせられない方が「人の気持ちがわからない人」

 

批判されてしまったりするのです。

というわけで、

 

 

日本社会で暮らす以上

 

悩ましくなるのは仕方ないことなので、

 

悩ましいのは仕方ないと諦めてしまうことをお勧めします。

 

悩ましい理由を探して、それを解決しようとしたところで、

 

それには解決策が無かったりするものなので、

 

ほどほどで折り合いをつけて、

 

楽しめる部分を楽しむ生活にした方がいいですね。

 

結局のところ、

 

 

すべてのルールは

 

相手の気分次第で決まるので、

 

そのルールに完全に合わせるのは不可能なのです。

 

 

ただし、

ネットの社会では

違ったりします!!

 

 

それは・・・・!

 

 

あなたの情報発信の内容次第で

 

ビジネス環境なりライフスタイルを劇的に快適な環境に

 

作りあげることが可能となるんです!

 

これっ!

 

すごくないですか?!

 

 

ネットだからこんなことが可能になるんですよ!!

 

 

要するには、

 

こんなロジックです!

 

 

同じ価値観なり、共感できる

 

人で自分の周りが溢れかえる!!

 

です!!

 

 

これって

 

すごいことじゃないですか?

 

 

簡単に言えば自分の友達が

 

たくさん、山ほどいて

 

それが、読者さんだったり、

 

お客様だと言うことです!

 

 

これってビジネスで言ったら

 

相当やり易い職場環境ですよね!

 

 

全然負荷すら感じず、

 

ビジネス出来るなんて

 

「楽しい」としか言いようが

 

ないですよね?!

 

 

毎日、毎日

 

もどかしさを感じながら、

 

社会に揉まれ

 

 

常識じゃないであろう

 

暗黙の常識的な物を

 

自分に暗示して、

 

これが

 

正しいなんて自己洗脳掛けて

 

仕事するのも

 

ハッキリ言って、負荷が大きすぎますよね

 

 

しかも、

 

それに対して、納得がいかず

 

腹を立てたり、

 

考え込むこの時間なり、

 

癇癪持った気持ちなど

 

こんな事に時間、

 

気持ちを使っているのなら

 

断然ネットビジネスに

 

気持ちをシフトして使う方が

 

よっぽどいいと思いませんか?

 

 

しかも、

 

やった末には、

 

大勢の友達みたいなお客様に囲まれて

 

のびのびとビジネスができる

 

場所を作るって言う一つの目標、

 

着地点が分かっているなら、

 

何の隔てなく始めることができますよね!

 

むしろ体が勝手に、動くはずです!

 

そして何よりも

 

夢中に取り組むはずです!

 

 

じゃなきゃ

 

そのパワー

 

勿体無さ過ぎる!!

 

 

負の力って計り知れない

 

パワーを持っていると言うことを

 

あなたは知っていますか?!

 

 

たとえで言えば

 

「2チャンネル」

 

あそこは負のたまり場、はけ口の

 

バケツ的なプレイスなのがお分かりいただけますでしょうか?

 

 

なぜ、あんなにも人が集まるのか?

 

 

これは負の力の威力が負の人間を呼ぶんです!!

 

 

この力計り知れないでしょっ!!

 

 

負のコメントなどに共感して

 

夢中になったって、

 

あなたにとって何かメリットが

ありますか?

 

 

どうせ瞬間的には、

 

現実から離れ、

 

またパケつに吐き出したせいで

 

スッキリすると思いますが、

 

 

あなた自身のコアな部分を

 

改善していかない限り

 

また、

 

同じことの繰り返しとなり

 

時間を無駄にしてしまいます!

 

今日という日は帰ってきません!

 

時間もそうです!

 

まずは、環境なり、本質の改善に

 

コミットして見てはいかがでしょうか?

 

今回はここまでです!

 

読んで頂きありがとうございます!

 

Sean.

 

 

 

P・S

 

本質を学びながら、実践を織り交ぜた

稼ぎに直結するメルマガ講座をご用意しました!

 

是非、学んでみたい方はコチラから登録して下さい。

 

→ http://graffirength-482.com/url/lnk/lips/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント