「CS」フィードバックパート2

2014-08-18 22:17:38

カテゴリー:本日のホット!!

こんな暑い日に

こんな、涼しい話題なんかいかがでしょうか?

以前からの続編サイババです!!

「CS」フィードバックです。

 

結構なコメント頂いてますので

展開して行きたいと思いますね!!

 

今回も応援よろしくお願いします。

 

ではでは、

行っちゃいますね!

 

・一日の行動の中で、自分がお客様の立場だったら?

 と振り返り、気持ちを改めないといけないところが

 見つかってしまいます。

 お客様にたいしてはもちろんですが、一緒に働く

 同僚など、相手の立場になって考えることを

 常に意識して行動すれば、そう簡単な事では無いですが、

 やらさせ感はなく「CS」向上に結びついて

 行くのではないかなと思いました。

 

今回も素晴らしいコメントでしたね!

まさにビジネスの基本的な部分が分かりましたね!!

 

一日の自分の行動を振り返る事!!

ここはとても重要で、会社に長く勤めれば勤めている

人程、こういった事をしなくなってしまいますよね!

 

あなたの会社でもそうではないでしょうか?

会社はともかく

 

「あなた自身はどうですか?」

 

振り返る事していますか?

何かしら、行動したらそれに対して

反省して次につなげるために

その反省を肥やしにアウトプットした

物こそが実行だという事を是非今回

知って頂ければ幸いです。

 

自分側ではなく、相手側からの角度から

分析するって結構意識していないと難しいものです。

 

これも

当然、大切な部位であります。

この視点なくして

これからのビジネス

並びに人間関係はうまくいかないと

思っています。

 

「あなたはどう思いますか?」

 

これらをまずは、人並みそれからドンドン

レベルアップさせて行き

人並み以上となったとき

自ずと小手先でこなせるようになります。

 

要するには、

自ずと日頃から意識して取り組む事で

そのようになっているという事です。

基準が間違いなくその頃には

上がっているが故に

小手先と感じて楽にこなせる

という事だと思いませんか?

 

 何でもそうですが、本質って言うものは

テクニックやノウハウというものからすると

とてつもなく、退屈なものです。

だから誰しもがしようとしないのです。

 

嫌がるし、苦手科目の勉強に取り組むのと

同じ感じですよね!

 

得意であったり、簡単なもの、興味があるもの

(テクニック、ノウハウ)は、

本質をスルーしてでも取り組みますよね!

 

この苦手である部位を克服しない限り

次に進んだ気になっているだけで

いずれ、振り出しに戻されます。

 

そのときに本質の威力を知っても

手遅れな可能性があるという事です。

ですから、

 

何でもそうですが、誰しもがしない事を

率先して取り組む姿勢が大切ですよね?

 

★ 誰もしないから・・

★ 自分だけしているのもばかばかしいとか・・

★ 給料一緒でなんでそこまで・・・

 

なんて、思って普段から仕事に挑んでいる方

多いのではないでしょうか?

 

僕も以前はそのような、考え方だったので

その気持ちはよく分かります。

 

 

僕自身を

自己分析をしてみたんですが

「お金のためだけに仕事していた!」

これこそが、本質に取り組む事無く

スルーさせていた原因だと

自分なりに発見したんです。

 

本質がしっかりと自分自身に

インストールしていれば

最初はきついですが

間違いなく後が楽になるんです!

 

 

ましてや、長く勤めている方は特に

その概念が無いので

相当行動に移すのは

難しいと僕は思いますね!

 

「あなたは、この先の10年20年後」

そんな、しけた人間になりたいですか?

 

そんな奴が実際会社の看板から外され

個人でこの世の中に立ち向かったところで

間違いなくつぶされます!

 

「自分自身につぶされる」

と言う事です。

 

ですから、

そうならぬよう

僕は、ビジネスの概念を根本から

覆し、個人でもこの世の中で生き抜く

極めて基準の高い人間性を引き出す

手助けをさせて頂ければと思っています。

 

本質、学んでみませんか?

 

 

Sean.

 

 

追伸

どうでしたか?

涼しくなりましたか?

あつくなっちゃいましたか?

 

ここまで読んで頂けたら

ポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント