消費税10%=負のスパイラル

2015-10-28 13:50:06

カテゴリー:本日のホット!!

負のスパイラル

 

どうも!

 

Seanです。

 

本日も応援宜しくお願いします!!

 

 

 

会社経営を学べば学ぶ程に、

 

「消費税増」の恐怖を感じます。

 

なぜなら・・・

 

消費税を増やすことが、

 

非正規雇用を増やすことに

 

繋がるからです。

 

消費税額の計算式は、

 

下記をご覧ください。

 

(売上ー経費)×消費税率

 

この中の「経費」ですが、

 

実は、これには「人件費」は含まれません。

 

社員の給料には

 

消費税が掛からないので、

 

支払い消費税の計算から

 

外さなくてはいけないのです。

 

つまり、人件費が大きい企業ほど、

 

多額の消費税を払うことになります。

 

僕の知っている起業家の中には、

 

社員の給与をどんどん上げて

 

還元している人が多いのです。

 

しかし、

 

彼らは口を揃えて、消費税増が

 

経営を酷く苦しくすると嘆きます。

 

給与を下げさせてもらうか、

 

非正規雇用に雇用形態を

 

変えざるを得ないと言うのです。

 

なぜなら、

 

企業としては、

 

人件費を払って社員を雇うより、

 

派遣社員の業者や外注に払った方が

 

消費税のコストダウンになるからなんですね!

 

以上により、

 

消費税が上がる環境の中では、

 

「正社員を減らし、非正規雇用を増やす」

 

という方向に舵を取らざるを得ないのです。

 

そして既に、多くの大企業が、

 

その方向に向かっています。

 

そして、ここにもう一つ、

 

大きな問題があります。

 

正社員の既婚率は、約40%。

 

非正規雇用の既婚率は、約10%。

 

消費税増で、日本はますます、

 

少子高齢化に向かいます。

 

完全な負のスパイラルです。

 

だからこそ僕は、

 

会社を大きくして社員を増やすのではなく、

 

社長の仲間を増やすことが大切だと考えます。

 

日本が沈没しても、

 

生き残れる強い個人。

 

そんな仲間の拡大の為、

 

出来ることに着目します。

 

Sean.

 

 

 

 

ネットビジネスの仕組みを正しく理解し、稼げる講座を用意しました。

コチラのメルマガ講座に登録して下さい。

コチラから受講出来ます!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント